1. 家の時間トップ
  2. 住まいの情報

住まいの情報

  1. 2009年07月22日更新

    本当に暮らしやすいマンション選び
    時を経ても価値が下がらないヴィンテージマンションの条件

     近頃では、最初から新築か中古かを決めることなく、間口を広げてマンションを探している人がますます増えてきたようです。住みはじめの状態よりも「末永く暮らしやすいかどうか」に重きを置くようになったのでしょう。  そんな傾向を象徴する現象として、いまマンション市場では、経年に耐えうる性能はもとより、逆に時間の経過を味わいに換えるような”ヴィンテージマンション”が注目されています。そこで今回は将来ヴィンテージ化するマンションの普遍的な条件を立地と建物に分けて考 […]

    READ MORE

  2. 2009年07月08日更新

    中島早苗の「心地いい場所」
    カーテンは開けた者勝ち?

     皆さんは家でふだん、視線を遮るレース様のカーテンを閉めていますか?  私は「開けておく派」です。  空間の広い、狭いを感じるのは、物理的な部屋の大きさだけに左右されるのではないと思うのですね。  視線が抜ける距離が長いほど、その空間が開放的でひろびろとしているように感じるのではないでしょうか。  つまり、たとえばリビングの部屋自体が6畳というサイズでも、隣の空間とつながっていて視線が抜けたり、大きな窓からテラス、庭、その先の街の緑や空までが見えたりして、長い距離を目で追える […]

    READ MORE

  3. 2009年07月08日更新

    ハウスメーカー進化論
    今も昔も長寿命住宅を創り続けるスウェーデンハウス

     国土交通省主催「長期優良住宅先導的モデル事業」の公募で2回連続で採択されたスウェーデンハウスの住まい。国が示す「いいものをつくって、きちんと手入れして長く大切に使う」というストック社会のあり方に合致した住まいである。 「一般的な住宅はスクラップアンドビルドが主流だった創業当時、弊社の住まいはオーバースペックと言われていました。しかし昨今、世の中に必要性と価値をご理解いただけるようになったと感じております」と同社 営業企画部 副部長 荒木一俊氏は語る。  構造材は、北欧の厳し […]

    READ MORE

  4. 2009年06月24日更新

    本当に暮らしやすいマンション選び
    家族が喜ぶ住まい選びの視点

     マイホームを購入する動機は人それぞれです。「資産を持ちたい」「広い家に暮らしたい」、あるいは「金利が低いから」。また最近では「税制優遇が手厚くなったので」という理由も多そうです。  しかしどんな時流であっても、常に上位にあがる動機があります。それが「子どもや家族のためにマイホームが欲しかった」というもの。子どもをのびのび育てたい、とは親ならば誰もが願うこと。小学校に入るまでに地元を決め、友達もたくさんつくって・・・・そのためにもマイホームを買おう、と一大決心するのです。では […]

    READ MORE

  5. 2009年06月10日更新

    ハウスメーカー進化論
    太陽光発電で地球に優しく「おひさまハイム」セキスイハイム

     設立当初から「環境」を企業理念とするセキスイハイム。まだ日本も世界も環境に対する意識が今よりも低かった約10年前から、太陽光発電システム搭載住宅(ソーラー住宅)を販売している。   「当時は今のようなエコブームではなく、世の中の環境に対する意識も低かったように思います。また、家自体の建築だけでも費用がかかるのに、さらに太陽光発電システムの費用をかけるお客さまは少なかったのが現実でした」と同社企画部 企画課 和智正典氏。しかし近年、ソーラー住宅の注目度は大幅に増している。   […]

    READ MORE

  6. 2009年05月27日更新

    本当に暮らしやすいマンション選び
    後悔しないマンション選びのコツ

     不動産売買の契約を一方的な理由で解約すると違約金が発生します。代金が高い分、仮に2割の手付金放棄をしたなら相当な負担になります。したがって契約ともなれば慎重に進めたいもの。住みはじめて満足のいく物件かどうか、念には念を入れて、十分納得したうえで決断をしなければなりません。  物件の選び方で心得ておきたいことは、正しい判断を導くための「知識を得ること」です。そして、それはすべて情報収集の仕方にかかってきます。一生に一度の大きな買いものには、その過程でさまざまなアドバイスが投げ […]

    READ MORE

  7. 2009年05月13日更新

    ハウスメーカー進化論
    都市型デザイン住宅「アーキモード」パナホーム

     「ターゲットは30代半ばの新富裕層。洗練されたシンプルデザイン、本物志向の質感を好む、現代の都市に暮らす人を想定しています」とパナホーム株式会社 東京支社 蒲田営業所長 真貝茂氏。デザインに関心の高い世代に対応するため、建築家木下庸子氏と共同開発。重量鉄骨のスケールメリットを活かしながら、女性ならではの細やかな視点でプラン提案がなされている。  まず斬新なデザインで目を引くのが外観。重量鉄骨構造だからできるワイドスパンを活かし、建物の間口いっぱいの大開口を実現。都市の狭小地 […]

    READ MORE

  8. 2009年04月29日更新

    本当に暮らしやすいマンション選び
    マンションだからかなう、高品質&低コストの家

     海外で”まとめ買いのお得さ”に驚いた経験はありませんか。ディスカウントストアでもない街なかのコンビニのようなお店でさえ、1個買いと2個買いでは当たり前のように単価が違っていました。最近では日本でも浸透しつつある光景でしょうが、何年か前に、はじめて海外旅行で見たときは、小売りの商売感覚がずいぶん違うのだなと思ったものです。  日本の企業も「スケールメリット」をいかに消費者に還元するか、という視点は当然持ち合わせています。たとえば、自動車メーカーにおける […]

    READ MORE

  9. 2009年04月22日更新

    中島早苗の「心地いい場所」
    「外観で主張」は是か否か

     「家の時間」、お気付きのように今月からリニューアルしました!  私のコラムもブログからこの「心地いい場所」に変更となりましたので、 今後共よろしくお願い致します~。  さて第1回は、外観について触れてみたいと思います。  現在アップされている建築家、伊藤寛さんのご自邸にうかがった折、 「建築はできるだけ凸凹のないシンプルな形で、世間に対してでしゃばらない方がいい」というお話を聞きました。  液晶テレビのCMじゃないですが、「リビングは環境です」もとい、 「外観は環境です」と […]

    READ MORE

  10. 2009年04月01日更新

    本当に暮らしやすいマンション選び
    より前向きに「マンションを選択する」時代へ

     家探しは「世の中に自分の居場所を確保すること」と言い換えることができるでしょう。加えて、人は自宅の中にさえ、ホッとできる居場所を求めるものです。いくら広くて豪華な家でも、それがないと落ち着かない。ありのままの自分でいられる、自分だけの「居場所」が欲しいのだと。  話は少し飛躍しますが、住宅業界における分譲マンションの位置づけについても、ここ数年でようやく「居場所」ができた気がします。一般にマンション法とよばれる区分所有法が制定されて半世紀近く経ちますが、分譲マンションはどう […]

    READ MORE

  • インテリアコーディネートのヒント
    インテリアコーディネートのヒント

  • 本当に暮らしやすいマンション選び
    本当に暮らしやすいマンション選び

  • ハウスメーカー進化論
    ハウスメーカー進化論

  • 中島早苗の「心地いい場所」
    中島早苗の「心地いい場所」

  • 日常に寄り添うインテリアアート
    日常に寄り添うインテリアアート

  • 正しい家具の選び方
    正しい家具の選び方

  • 50代からの住まい
    50代からの住まい

  • マイホーム入門<不動産の基礎知識>
    マイホーム入門<不動産の基礎知識>

  • ウィンドウトリートメントを楽しむ
    ウィンドウトリートメントを楽しむ

  • 建築家リフォーム
    建築家リフォーム

  • 照明のセオリー
    照明のセオリー

  • 良質な賃貸住宅で快適に暮らす
    良質な賃貸住宅で快適に暮らす

  • 資産価値を考えた空室対策
    資産価値を考えた空室対策

  • 私、沖縄に移住しました。
    私、沖縄に移住しました。

  • 地域材の活用
    地域材の活用

  • 【プロが厳選】注目の分譲マンション
    【プロが厳選】注目の分譲マンション

  • 大規模マンションの管理修繕
    大規模マンションの管理修繕

  • マンション売却のコツ
    マンション売却のコツ

  • マンション植栽 造園
    マンション植栽 造園

  • 今、マンションは買いか、待ちか
    今、マンションは買いか、待ちか

ページトップへ


TOP