1. 家の時間トップ
  2. TOP TOPICS
  3. 建築家の自邸を訪ねて
  4. 再建築不可。築25年の鉄骨造住宅をリフォーム 岡田彩子 邸

>バックナンバー

建築家の自邸を訪ねて 再建築不可。築25年の鉄骨造住宅をリフォーム 岡田彩子 邸

 建築家の岡田彩子さんは、以前はマンションに住んでいた。しかし、都心のマンションで壁に囲まれて住宅の設計を考えるのは性に合わない、もっと気持ちよい環境で「家」を考えたい・・・・そう思って武蔵野市辺りで土地を探し、事務所を兼ねた自宅をつくることにした。

 建て主さんに打合せに来てもらうこともあるため、駅からは遠くない方がいい。商店街にも近くて、ほどほどに便利で、緑もある街・・・・とイメージし、30坪ほどの大きさの土地を探したが、なかなか見つからなかった。
 そんななかで出会ったのが、築25年の中古住宅だった。大きな屋敷が並ぶ、古くからの住宅地。駅や庶民的な店が並んで活気づく商店街からも近く、少し歩けば大きな公園もある、住むには絶好の環境。

 しかし。条件があった。再建築不可なのだ。両隣の敷地に挟まれた、細くて長いアプローチの奥に四角い土地がある、いわゆる旗竿状敷地。建て替えはできないのでリフォームするしかない。ただし、悪条件なだけに相場の半値ほどだったため、同じ予算で60坪の敷地に住めるのは大きな魅力だった。

 両隣が平屋で、視界が開けて日当りがよいのも気に入った。とりわけ、東隣の家は百歳のおばあちゃんが住む広くて古い日本家屋で、季節ごとに花を咲かせる多くの木々が美しい借景となってくれそうだった。

 構造は鉄骨造で、建築したのは鉄鋼メーカー系列のハウスメーカーだった。そのハウスメーカー自体はすでに存在していなかったが、不動産屋さんに元の図面を取り寄せてもらい、運よく当時の担当者を辿ることができ、重量鉄骨を使ってしっかりとつくられた建物だということがわかった。


庭から外観を見る。外壁は塗り直したが、「10年後には外断熱にしたい」と岡田さん。

<建築家の自邸 バックナンバー>
阿部勉 邸   大塚聡 邸   古谷誠章 邸   黒木実 邸   東利恵・東孝光 邸 
都留理 邸   鹿嶌信哉+佐藤文 邸   廣部剛司 邸   伊藤寛 邸   小泉一斉 邸
小泉雅生 邸   岡田彩子 邸   フィリックス・クラウス&吉良森子邸
手塚貴晴+手塚由比 邸   葛西潔 邸


1階、庭に面した事務所スペース。天井板を剥がして構造を見せ、モダンなインテリアに。


 シンプルな四角いかたちだったことも含めて、岡田さんは「リフォーム向きの建物だ」と思ったという。「地域に昔からあって、そこに馴染んでいる感じがとてもよかった。古いものを直して住むのが似合う場所だなと」考え、買って事務所兼自宅としてリフォームすることを決めたという。

 普通の和風住宅の間仕切りだった壁と天井を取り払い、1階は床も剥がして補強根太を組み、構造用合板を床に張ってペンキを塗り、事務所とバスルームにした。
 2階はオープンキッチンのある居間と、プライベートルーム。既存のトラスのかたちを現した鉄骨の塗装は建ったときのままだが、しっかりと肉厚に塗ってあったため、今年で30年経ったとは思えない美しさだ。

 岡田さんがミシンで縫ったという麻のカーテンが懸けられた部屋はモダンテイストで、柔らかい光が満ちている。何だかヨーロッパのアパートメントにいるようです、と私が言うと「古いヨーロッパの建物をリフォームしたみたいな感じがいいと思ったんです」と、岡田さんは、我が意を得たりという笑顔で答えてくれた。

 古い木を残したという庭は花や草花でいっぱいで、岡田さんが野菜もつくっている。「食べられるものをもっと植えたい」と岡田さんは言うが、すでにズッキーニ、トマト、エンドウ、インゲン、ベリー類、ハーブ類と、たくさんの種類の植物が育てられていて、見事な「緑の手」に脱帽してしまう。

 再建築不可でも、こんなリフォームができて、しかも相場の半値なら、チャレンジしたい人も多いかもしれない。
「でも、誰にでもおすすめはできないです」と岡田さん。「古い建物を買って、スケルトンリフォームしたいと思っても、できない場合があるので注意が必要です。リフォームを前提に中古住宅を買う時は、元々の検査済み証(地方自治体が建築確認時に発行する検査証)があることを確認した方がいい。それがないと、屋根や外壁の過半のやり替えや増築ができませんから」と、貴重なアドバイスをもらった。

 確かに、広い庭があり、周りの借景も楽しめるという恵まれた環境で素敵にリフォームされた後の岡田邸にいると、羨ましくてやってみたい・・・・という気持ちになるのだが、ここまでするには幾つものリスクを乗り越えたのも事実だろう。中古住宅を買う際は、岡田さんのように、元々の建物が確かなもので、リフォームできるのか、その価値があるかどうかをよく調べる必要がある。多くを教わった「リフォームヴァージョン建築家の自邸」取材であった。

岡田彩子さんプロフィール
1962年北海道生まれ。北海道大学工学部建築工学科卒業。芦原建築設計研究所、A.A.S.Associates International を経て、YOKOTA ASSOCIATES開設、2002年STEREOGRAPHに改称。一級建築士。

建築設計事務所STEREOGRAPH 武蔵野市吉祥寺南町1-32-10
TEL0422-40-2638  http://www5e.biglobe.ne.jp/~ayarch/index.html



【注目記事】
プロに学ぶ『インテリアコーディネートテクニック』
住宅ローンのリスクに対する大いなる誤解
国の借金1000兆円超!日本経済は大丈夫なのか?

  • 建築家の自邸を訪ねて
    建築家の自邸を訪ねて

  • 地域と人とつながる住まい
    地域と人とつながる住まい

  • インタビュー 家について話そう
    インタビュー 家について話そう

  • ホーム&ライフスタイルトレンドレポート
    ホーム&ライフスタイルトレンドレポート

ページトップへ