1. 家の時間トップ
  2. 暮らしのエッセイ
  3. おいしい食卓+ちょこっとレシピ
  4. スパニッシュオムレツ

>バックナンバー

おいしい食卓+ちょこっとレシピ


サラダをのせたスパニッシュオムレツ




料理撮影の様子



白いパネルに囲まれた料理




モデルさんはスパニッシュオムレツ!

2012年10月03日更新

スパニッシュオムレツ

10月がやってきました!台風17号が去ったあと一気に秋らしくなった神戸です。私の9月は、めまぐるしく一気に駆け抜けていきました。

9月のはじめにぎっくり腰になってしまいました。生まれて初めての経験!痛くて起き上がれないとはよく聞くのですが、私の場合は座っている時にビシッと痛みが走って思わず立ち上がり、そのまま座ることも寝ることも出来ず、ただ立っていることしか出来なくってしまったのです。少しでも姿勢を変えるとまたビシッと痛みが走るので、ただそのまま立っているだけ。これも疲れるものです。

コルセットのようなベルトのおかげで、なんとか動きがとれるようになったものの2日間は全く使い物にならない状態でした・・・3日で仕事に戻り9月の教室を終えたあと、3日間で90品の料理を撮影する本の仕事をなんとかやり終え、翌々日には料理教室の生徒さんを山形へ案内する旅にでました。我ながらよく乗り切ったと思います!

山形はお天気にも人にも恵まれ、とても充実した素晴らしい旅となりました。あらためてこの旅のレポートを予定しています、お楽しみになさっていてください!

今月は料理撮影の様子を交えながらスパニッシュオムレツのレシピを紹介しますね。この本は11月に出版される予定ですので、来月にまた案内させて頂きます!和、洋、中、エスニックを取り混ぜた、作りやすくて身体に優しい料理がてんこ盛りです!!

さて料理撮影、カメラマンさんの細やかな工夫はそれこそ十人十色。白い紙やパネルで料理の周りを覆ってストロボ(フラッシュ)をたき、料理にツヤやテリが出て美味しく写るように撮影されます。自然光にこだわってストロボを使わずに撮られる方もいらっしゃいます。我が家は南側が全面硝子で太陽光がたくさん入るので、素人感覚では好条件のように思うのですが、雲の流れなどで光がめまぐるしく変わるためナカナカ厄介なようです。

今回はこの写真のように撮影しました。一日30品ですから撮影は夜までかかりますがストロボならば安定した光で撮影できます。白いボードで囲まれた中にはこんな風に料理がおかれているんです。これが今回紹介するスパニッシュオムレツ。あっ!これは私がiPhoneで撮りましたので・・・プロの手にかかるとどんな風になるのか、本の出版をお楽しみなさってくださいね。

スパニッシュオムレツは素朴な料理ですが、焼きたて熱々の上にサラダをのせたり、残って冷めたオムレツにチーズをかけて再度焼く!というような美味しい工夫も愉しめますよ。

<スパニッシュオムレツ>
(材料と分量) 直径18cm 1枚分
卵           4個
オリーブオイル     大さじ1
じゃがいも       1個
チーズ(おろしたもの) 大さじ2
パセリみじん切り    適宜
塩こしょう
トマトソース
*作り方*
1.ボウルで卵を軽く溶きほぐし、パセリ、塩こしょうを加える。
2.皮をむいて角切りにしたじゃがいもをさっと水にくぐらせ、ボウルに入れてラップをふんわりかけて電子レンジで1分ほど加熱する。フライパンにオリーブオイルの半量を熱し、じゃがいもを炒めて1のボウルに加える。
3.2のフライパンをに残りのオリーブオイルを加え、2の卵液を流し入れる。全体を大きく混ぜ、火を弱めて蓋をする。ほぼ火が通れば上下を返し軽く焼く。好みでトマトソースを添える。

<memo>
・加える野菜は水分の少ないものであればOK
・トマトは水気が出るのでドライトマトを刻んで加えるのがオススメ。

新連載 「平山由香の愉しい旅+レシピ」


ページトップへ