1. 家の時間トップ
  2. インフォメーション

インフォメーション

  1. 2008年09月24日更新

    「WASARA―こころを潤す紙のうつわ」展

    「WASARA―こころを潤す紙のうつわ」展

    SFT GALLERY(国立新美術館B1F スーベニアフロムトーキョー内)
    2008年9月3日(水)~10月20日(月)10:00~18:00(金曜のみ20:00まで) 毎週火曜定休(祝日又は休日に当たる場合は開館し、翌日休館) 入場無料

    非木材であり、土に還る素材、葦と竹・バガスを原料とする紙の器、WASARAが国立新美術館のミュージアムショップ内にあるギャラリーにてインスタレーションを開催。発想の原点にあるのは、日本で昔から受け継がれてきた美意識や価値観。たった一度しか使われない「使い捨て」の過程の中に、こころを潤すもてなしの時間を感じることができるはずです。ショップでは、実際にWASARAを購入することも出来ます。
    http://www.nact.jp/museumshop/index.html

  2. 2008年09月17日更新

    Be Honest! -次世代へのタイムレス・デザイン-artek & marimekko

    Be Honest! -次世代へのタイムレス・デザイン-artek & marimekko

    スパイラルガーデン(スパイラル1F)
    2008年9月9日(火)~9月23日(火)  
    11:00~20:00  入場無料

    フィンランドのブランド、アルテックとマリメッコの、デザインの過去・現在・未来を魅せる展覧会が開催中。アルテックは今年で75周年を迎えた「Stool 60」を用いたダイナミックなトリビュート・インスタレーションを展開し、マリメッコはクラシックから新作まで、本展のためにセレクトしたファブリックデザインを展示します。次世代につながる「本物の」サステナブルデザインを体感してみては。
    http://www.spiral.co.jp/e_schedule/2008/09/be-honest-artek-marimekko.html

  3. 2008年09月17日更新

    ROGELIO SALMONA ロヘリオ・サルモナの建築 -場の詩学-

    ROGELIO SALMONA ロヘリオ・サルモナの建築 -場の詩学-

    大成建設ギャルリー・タイセイ
    2008年9月8日(月)~11月21日(金)
    10:00~17:00  土日祝日休館  
    入場無料

    コロンビア建築家協会が中心となって企画・制作した、サルモナの長年にわたる業績を概観できる初の大規模な展覧会。ロヘリオ・サルモナはコロンビア共和国で活躍し、南米の近代建築を牽引した代表的な建築家で、「建築におけるグローバリズムとリージョナリズム(地域密着主義)をどう結びつけるかを生涯のテーマとしていました。オリジナルのスケッチや模型、写真、映像など約130点ほどの資料でサルモナの業績を紹介します。
    http://www.taisei.co.jp/galerie/gallery.html

  4. 2008年09月10日更新

    犬と暮らす家 ~人が気持ちいいことは犬も気持ちがいい!~

    犬と暮らす家 ~人が気持ちいいことは犬も気持ちがいい!~

    リビングデザインセンターOZONE
    2008年9月11日(木)~10月28日(火) 
    ※水曜日(祝日を除く)休館
    10:30~19:00 入場料 無料

    「人が気持ちいい家は、犬も気持ちがいい」をコンセプトに、5人の建築家による"人も犬も共に心地よくなる空間を目指してつくられた、犬と暮らす家"を模型と写真パネルで展示。同展のために製作されたオリジナル家具やプロダクトの試作品も見ることができます。10月25日(土)には連動企画のセミナー「犬と楽しく暮らす!私たちのアイデア」「犬と暮らす家 それぞれのライフスタイル」も開催。 http://www.ozone.co.jp/event_seminar/event/detail/622.html

  5. 2008年09月10日更新

    生活と芸術-アーツ&クラフツ展 ウィリアム・モリスから民芸まで

    生活と芸術-アーツ&クラフツ展 ウィリアム・モリスから民芸まで

    京都国立近代美術館
    2008年9月13日(土)~11月9日(日)
    月曜休館(ただし9月15日、10月13日、11月3日は開館、翌日休館)
    9:30分~17:00(入館は16:30まで)
    2009年1月~東京、6月~愛知で開催

    19世紀後半のイギリスで興りった暮らしのデザイン運動「アーツ&クラフツ」の広がりをたどります。ロンドンのヴィクトリア&アルバート美術館と国内の美術館などから家具、テーブル、ウェア、ファブリック、服飾、書籍、グラフィック・デザインなど約280点を一堂に展示。必見は、柳宗悦らが昭和初期に建てた「三国荘」の再現展示。手仕事の良さを見直し、自然や伝統に美を再発見し、シンプルなライフスタイルを提案するアーツ&クラフツの精神に思いをはせてみませんか。(写真はモリス、ウェッブ、バーン=ジョーンズらが手掛けたヴィクトリア&アルバート美術館の「グリーン・ダイニングルーム」)
    http://www.asahi.com/ac

  6. 2008年09月03日更新

    伐 木を伐る技展 記念シンポジウム「日本の歴史を作った森」

    伐 木を伐る技展 記念シンポジウム「日本の歴史を作った森」

    GALLERY A4(竹中工務店東京本店1F)
    展示 2008年8月18日(月)~9月26日(金) 入場無料
    シンポジウム 9月5日(金)17:30~18:30
    ※申し込み不要・当日先着順200名定員

    人は古くより木を用いて建築をつくってきました。本企画展では改めて木を加工する道具の原点をさかのぼりながら、その歴史の中に進化する道具の原点の姿を読み解きます。記念シンポジウムでは、作家の立松和平さんが日本の木造文化と木曽ヒノキが辿った歴史を振り返りながら、三百年後の森を守ることの意味を問いかけます。 http://www.dougukan.jp/modules/tinyd3/index.php?id=43

  7. 2008年09月03日更新

    第3回 金の卵 学校選抜 オールスターデザインショーケース

    第3回 金の卵 学校選抜 オールスターデザインショーケース

    アクシスギャラリー
    2008年8月28日(木)~9月7日(日) 
    11:00-19:00(最終日は17:00まで)
    入場料:無料

    学生と企業を結び付ける「場」としての展覧会を、昨年に引き続きアクシスギャラリーの企画で開催。第3回目は「10年後のデザイン」をテーマに、マクロ的視点から10年後の社会環境を予測し、その時代に求められるべきデザインを提案します。各大学から選抜されたプロダクト、インテリア、情報デザインを専攻するデザイン・美術系学部の3年生の柔軟な発想と視点、斬新な考え方を見ることができます。 http://www.axisinc.co.jp/publishing/exhibition/200808.html

  8. 2008年08月27日更新

    街が生まれる-仙川 安藤忠雄 計画道路で分断された敷地に取り組む

    街が生まれる-仙川 安藤忠雄 計画道路で分断された敷地に取り組む

    東京アートミュージアム
    ~2008年9月28日(日)
    月・木・金11:00~18:30/土・日・祝10:00~18:30(いずれも入館は18:00まで) 火・水休館 
    入場料 一般800円

    東京都調布市仙川で進む都市計画道路に沿った新しい街づくりの「過去」「現在」「未来」を国内外に紹介する企画展。安藤忠雄建築研究所設計の6棟の作品によって構成されるものであり、世界的にも注目されているプロジェクトのひとつ。計画道路で分断された敷地を舞台に、クライアントの強い思いに突き動かされた民間ディベロッパー、地方自治体を巻き込んだ壮大な『STREET』の全容を知ることができます。 http://www.tokyoartmuseum.com/

  9. 2008年08月27日更新

    come on-a my house 中村好文 すまいの風景

    come on-a my house 中村好文 すまいの風景

    museum as it is
    ~2008年11月16日(日)
    開館日 金・土・日・祝日 10:30~16:00
    入館料 800円

    家具好き、雑貨小物好き、小道具好き、本好き、おもちゃ好き、絵画好き...を自認する建築家中村好文さんが、自身の設計によるmuseum as it isの空間を自宅に見立て、長年かかって身辺に「集まってきた」品々を、それぞれのあるべき場所にしつらえてみせる趣向の個人コレクション展。「美術館に来たつもりが、個人の家に来てしまった...」と錯覚した人は、企画者の思惑的中といったところ。
    http://asitis.sakatakazumi.com/

  10. 2008年08月20日更新

    アルネ・ヤコブセンのサイン付き3107チェア、数量限定で発売

    アルネ・ヤコブセンのサイン付き3107チェア、数量限定で発売

    アクタス
    リパブリックショップは新宿/横浜/名古屋/京都/大阪空港/六甲の6店で2008年8月23日(土)に同時OPEN

    1872年の創業以来、アリンコ、セブン、エッグ、スワンなどの名作家具を作り続けているフリッツ・ハンセン社。長い歴史を持ちつつ、常に時代をイノベートし続けている同社の世界観とデザインを存分に体感できる、日本で初めての"リパブリックショップ"が6店舗のアクタスで8月23日(土)に同時オープンします。リパブリックショップオープンを記念し、アルネ・ヤコブセンのサインが付いた3107チェアを数量限定で発売。
    http://www.actus-interior.com/

  1. 前の10件
  2. 1
  3. 2
  4. 3
  5. 4
  6. 5
  7. 6
  8. 7
  9. 8
  10. 9
  11. 10

ページトップへ