1. 家の時間トップ
  2. 住まいの情報
  3. 本当に暮らしやすいマンション選び
  4. 2014年春、注目の新築マンション<都心編>

>バックナンバー

本当に暮らしやすいマンション選び

2013年11月13日更新

2014年春、注目の新築マンション<都心編>

2013年はじつにニュースの多い年でした。アベノミクスという名の経済対策にはじまり、「2020年東京五輪」開催決定、TPP(トランスパシフィックパートナーシップ)参加表明も積年のテーマだったと言えます。2014年も大きな節目を迎えます。金融業界に影響を及ぼすであろう「NISA(少額投資非課税制度)」の導入、4月には消費増税、翌年(2015年)改正の相続税改正も不動産業界に大きな波及をもたらしそうです。さて、少々早いですがそんな2014年の注目物件(新築マンション)をピックアップしてみました。


(仮称)ブランズ六義園IIプロジェクト<2013.11.20追記>
所在地は文京区本駒込6丁目。知る人ぞ知る「大和郷(やまとむら)」の一角です。低層地域ではありませんが、「六義園」に隣接するという点で希少性を備えた立地だといえるでしょう。交通アクセスは、東京メトロ南北線「駒込」駅より徒歩7分、都営三田線「千石」駅より徒歩7分、JR山手線「駒込」駅より徒歩9分。11階建て、総戸数は40戸。間取りはすべて3LDK。専有面積が76.22m2~86.24m2と十分な広さを確保している点も注目です。
詳細情報

KACHIDOKI THE TOWER(勝どき ザ・タワー)
53階建て、総戸数1420戸(事業協力者住戸102戸含む)の大規模タワーマンションです。新たに開通する環状2号線に程近い場所が現地。地下鉄では都営大江戸線「勝どき」駅から徒歩で6分。売主・設計・施工は実績豊富な鹿島建設。大型プロジェクトがひしめく湾岸地区の中でも交通インフラ整備による恩恵を享受しやすい立地がポイントでしょう。
詳細情報

DEUX TOURS(ドゥ・トゥール)
「勝どき ザ・タワー」と双璧をなすであろうプロジェクトが、このツインタワー。52階建て、免震構造を採用したタワーマンションです。交通アクセスは都営大江戸線「勝どき」駅から、橋を渡って徒歩9分。パースを見る限り、「シティタワー」のイメージとして定着したダークな色彩ではないような気もしますが、眺望と外観を重んじる住友不動産らしい意匠(デザイン)はしっかりと踏襲している模様です。住宅とはSOHO(216区画)を設けた点も特徴です。
詳細情報

ジオ代官山
旧山手通りは、代官山地区を南北に走る幹線道路です。「ヒルサイドテラス」を代表とする低層建築物の街並みは、喧騒とは程遠い独自の景観を形成しています。「ジオ代官山」(阪急不動産)は、その旧山手通りに面した非常に珍しい立地条件を有しています。通りから西方は、斜面が下り、眺望の魅力も検討時の楽しみのひとつになるのではないでしょうか。東急東横線「代官山」駅より徒歩9分。総戸数は21戸(非分譲住戸含む)、鉄筋コンクリート造6階地下1階建て。
詳細情報

Tomihisa Cross(トミヒサクロス)
継続(昨年デビュー)物件ですが、引き続き注目に値するタワーマンションと言えるでしょう。第1期は482戸を即日完売しました。敷地内に「イトーヨーカドー」が入居、JR「新宿」駅にも徒歩16分(最寄駅は丸の内線「新宿御苑前」駅徒歩5分)、周囲に高層建物が少ない開放感の高さなどが主な特徴でしょうか。第1期登録内容は、登録総数:769件、最高倍率:8倍、平均倍率:1.6倍、価格:3,197.9万円~1億7,056.9万円(消費税5%)、最多価格帯:6,500万円(37戸)/61.07㎡~75.75㎡※100万円単位、専有面積:36.22㎡~120.65㎡、間取り:1LDK~3LDK、申込登録期間:平成25年9月14日~9月21日。申込登録者の属性は、年齢:平均48.8歳(40歳台22%、50歳台26%、60歳以上22%)、家族数:平均2.3人、職業:会社員46%、役員・オーナー19%、医師10%、居住地:新宿区20%、港区5%、その他23区42%。都心物件の傾向がそのままあらわれています。
詳細情報

(仮称)港区芝浦 GLOBAL BASE PROJECT
交通アクセスは、JR山手線「田町」駅から徒歩10分、同「浜松町」駅徒歩11分、都営地下鉄浅草線「三田」駅徒歩10分、新交通ゆりかもめ「日の出」駅徒歩8分。総戸数883戸、鉄筋コンクリート造地上34階建てのタワーマンションです。開発総面積は1ha超。竣工は平成28年01月下旬予定、入居は平成28年03月上旬を予定しています。東から南東方向にかけて海が近いため、向きによっては湾岸エリアならではの眺望が期待できそうです。
詳細情報





2013年話題を集めた「ザ・パークハウスグラン千鳥ケ淵」。販売価格1億6,000万円~5億4,200万円、最多価格帯2億7,000万円が即日完売(分譲戸数22戸)。画像はペントハウス(最高額住戸)モデルルーム(三菱地所レジデンス提供)。



『家の時間』主宰
坂根康裕
『家の時間』主宰 坂根康裕

リクルート『都心に住む』『住宅情報スタイル』元編集長。ブログ「高級マンション TOKYO」All About「高級マンション」ガイドも努める。著書に『理想のマンションを選べない本当の理由』(ダイヤモンド社)

  • インテリアコーディネートのヒント
    インテリアコーディネートのヒント

  • 本当に暮らしやすいマンション選び
    本当に暮らしやすいマンション選び

  • ハウスメーカー進化論
    ハウスメーカー進化論

  • 中島早苗の「心地いい場所」
    中島早苗の「心地いい場所」

  • 日常に寄り添うインテリアアート
    日常に寄り添うインテリアアート

  • 正しい家具の選び方
    正しい家具の選び方

  • 50代からの住まい
    50代からの住まい

  • マイホーム入門<不動産の基礎知識>
    マイホーム入門<不動産の基礎知識>

  • ウィンドウトリートメントを楽しむ
    ウィンドウトリートメントを楽しむ

  • 建築家リフォーム
    建築家リフォーム

  • 照明のセオリー
    照明のセオリー

  • 良質な賃貸住宅で快適に暮らす
    良質な賃貸住宅で快適に暮らす

  • 資産価値を考えた空室対策
    資産価値を考えた空室対策

  • 私、沖縄に移住しました。
    私、沖縄に移住しました。

  • 地域材の活用
    地域材の活用

  • 【プロが厳選】注目の分譲マンション
    【プロが厳選】注目の分譲マンション

  • 大規模マンションの管理修繕
    大規模マンションの管理修繕

  • マンション売却のコツ
    マンション売却のコツ

  • マンション植栽 造園
    マンション植栽 造園

  • 今、マンションは買いか、待ちか
    今、マンションは買いか、待ちか

ページトップへ


TOP