1. 家の時間トップ
  2. 暮らしのエッセイ
  3. 住宅ライターの家づくり奮闘記
  4. 1年の終わりを迎える前に

>バックナンバー

住宅ライターの家づくり奮闘記


冬の休眠期のうちに、バラを植え替えしました。鉢の土を入れ替えることで、来春、また元気に花を咲かせてくれることでしょう。


今年もIKEAでモミノキを買って、飾り付けをしました。やっぱりクリスマスツリーがあると、室内の雰囲気が一変しますね。

2016年12月13日更新

1年の終わりを迎える前に

前回、「夏の始まりに」を書いていたと思ったら、あっという間に12月。夏が終わるとまたたくうちに時が過ぎていきます。

わが家では1年の終わりを迎える前に、「やっておかなければいけないこと」を粛々と進行中。バラの植え替えやクリスマスツリーの用意、子どものおもちゃの断捨離、年賀状の手配...。そうそう、5月に作り直したバルコニーの塗装も一部剥げてきたから塗っておかなければ...。

今週は、こたつの敷き布団を新調。昨年、割ってしまった土鍋も買ってきた。いつ「この冬一番の寒さ」がやってきても大丈夫だぜ! と書いていたら、なんだか冬眠するかのような。

2016年、7年目に突入したわが家は、バルコニーと柵の補修という本格的なメンテナンスを行いました。こうして日々の生活を綴っていると、季節ごとに掃除や手入れなどのルーチンワークをこなしながらも、着実にわが家の歴史が積み重なってきているのを実感します。同じような毎日が続いているようでいても、常に何かしらの変化が生まれているのです。

今も、子どもの成長にしたがって、収納の中身を入れ替えたり、机、ベッドなどのパーソナルスペースのしつらえも変えたりしています。

家は、そんな小さな変化を受け入れつつも、変わらぬくつろぎと安心感を家族にもたらしてくれています。




ページトップへ