1. 家の時間トップ
  2. 暮らしのエッセイ
  3. トロントひとかけら

トロントひとかけら バックナンバー

  1. 2012年12月19日更新

    最終回・トロントの家族

    突然ですがこのエッセイは今回が最終回。トロントに来て間もない頃から始まった連載、いつも読んで下さってありがとうございました。新参者がピンポイント的にトロントの側面を語らせて頂きましたが、最後はうちの家族について書かせていただきます。これまで移民の家族、同棲カップル、同性婚など種々様々な家族について書いてきたけれど、うちの家族は人獣混合…要するに私達人間夫婦+猫2匹という構成。猫は2匹とも雑種のオスで、ご覧のとおり1匹は日本でもよく見かける、薄茶に白い靴下を履いたよ […]

    READ MORE

  2. 2012年10月24日更新

    オクトーバーフェスト in キッチナー

    トロントのダウンタウンから車で西におよそ1時間の町、キッチナー。この町がキッチナーと名付けられたのは第一次世界大戦の時で、それまではの名前はベルリン。今でも住民の多くはドイツ系で、地元のファーマーズマーケットにはソーセージやプレッツェルといったドイツらしい食物がずらりと並んでいる。その中に「キッチナー名物だよ」と時々おみやげでいただくソーセージがあるのだが、その名もずばりオクトーバーフェスト。オクトーバーフェストといえば、ご存知のとおりビールの醸造シーズンを祝うドイツ最大のお […]

    READ MORE

  3. 2012年08月29日更新

    トロント≒トロント大学(その1)

    トロントのダウンタウンの真ん中にはトロント大学、通称UofTがある。創設は1827年。多くの歴代カナダ首相やノーベル賞受賞研究者を排出している北米屈指の名門大学だ。トロントは文字通りの学園都市で、大学と町にはっきりとした区切りがなく渾然一体としている。たとえばキャンパスの目抜き通りを町中を通るのと同じ道路がそのまま縦横に走り、オンタリオ州議事堂や王立オンタリオ博物館も大学エリア内。一方で大学から離れて町中だとばかり思っていた場所にも、大学の校舎が建っていたりする。そもそも約2 […]

    READ MORE

  4. 2012年06月27日更新

    ヴィレッジの公園にて

    理由は特にないけれど、家の近くを散歩する時は大抵いつも西か南かちょっと北。西は歩いてすぐトロント大学のキャンパスや大きな公園があって散歩やランニングにはうってつけだし、南や北は店が多くて買い物に便利だからだろうか。というわけでなんとなく存在感が薄かったのが東側。だけど外出が気持ちいい季節になったしちょいと開拓してみようか、というわけで東に進出してみました。トロントの道路は碁盤の目状でわかりやすい。左右に長い道はすべて、町を縦断するヤング通りを起点にして西側が◯◯通りウエスト、 […]

    READ MORE

  5. 2012年04月25日更新

    コートジボワールの食卓

    今夜はコートジボワールの首都アビジャンからトロントに移住して来た友人・ニコルに「アフリカンバーベキューを食べに来ない?」と家に招待された。ニコルはご主人と2人の息子の4人家族で、トロント北部の郊外ノースヨークに住んでいる。ノースヨークは第二時世界大戦後に開発されたエリアで、北米最大の交通量のハイウェイ401号線とコンドミニアムやオフィスビルの高層建築が象徴的なニュータウンだ。ニコルの家も地下鉄の駅からすぐの真新しいコンドミニアムだった。さて、本日のメインメニューはこちら。‐テ […]

    READ MORE

  6. 2012年03月28日更新

    お引越し #3

    なんとか引越しが終わった。新しいアパートはトロントのダウンタウンの真ん中にあって、1ブロック隣はシネマコンプレックス、まわりにはデパートが2軒あり、飲食店やブティックがぎっしり並んだにぎやかこの上ない場所にある。というのもここはギネスブックで「世界で最も長い通り」として認定されている全長1896㎞のヤングストリートが南北を走り、ブランドの旗艦店がずらりと立ち並ぶブロアストリートが東西を走る、トロントの2大通りが交わる交差点から目と鼻の先の場所なのだ。東京でいえば新宿通りと並木 […]

    READ MORE

  7. 2012年02月29日更新

    お引越し #2

    引越しが決まって以来、我がコンドへの来客が後を絶たず…それは大家さん付きの不動産エージェントの連れてくる見学希望者達だ。退去の意思をこのエージェント氏に伝えてから、連日のように色々な人がこの部屋を見に来るようになった。皆さらりと見ていくだけだが、とにかく頻繁にアポイントメントが入る。エージェント氏が必死で新しい入居者を探しているのだろうか。彼は大手不動産会社に所属しているものの、カナダでは不動産業界はあくまで個人営業制なので自分で契約成立させないと収入にならないら […]

    READ MORE

  8. 2012年02月01日更新

    お引越し #1

    日本から移住して以来住んでいる今のコンドミニアムに住んで10ヶ月。入れ違いで帰国される先輩一家が住んでいたところをそのまま引き継ぐことができ、トロントにまったく土地勘のない私達には本当にありがたい話だった。けれどじっくり選んだわけではないのでどうも自分達の生活にぴったりの条件というわけにはいかず、あちこちの芝生が青く見えてしまいがちでもあった。目の前のオンタリオ湖から吹きつけるブリザードには慣れたけれど、もっと街中の分相応な家に住めればいいのになぁと思った私達は早い時期からあ […]

    READ MORE

  9. 2011年12月21日更新

    クリスマスはもうすぐ

    クリスマスまであと数日を残したここ最近、トロントの街はすっかり冬らしくなってきた。予想どおり11月後半には雪も降り始めてぐっと気温が下がり、これから春先まで氷点下の日々が続くんだなあ、そうなったらできるかぎり引きこもって冬を過ごすしかない…と観念していたところに地元の友人達がアドバイスをくれた。「頭さえ温めときゃいいんだ」と。体の中で寒さを感じる大部分は頭だから、耳まですっぽり隠れる暖かい帽子を被っていれば氷点下の屋外でもアクティブに過ごせるのだとか。本当かな?た […]

    READ MORE

  10. 2011年11月16日更新

    一足お先にサンクスギビング

    最近気になったニュースは、トロント郊外の動物園〈Toronto Zoo〉でケープペンギンのペドロとバディの仲睦まじいゲイカップルが引き裂かれることになったという話。ケープペンギンは絶滅危惧種に指定されていて、彼らも子作りのためにわざわざアメリカから呼び寄せたのだからお務めはしてもらわないと困る、というのが動物園側の理屈だ。そして無事子作りに成功した暁には2羽を再会させてあげるのだとか…そんなこと当のペンギン達は知るすべもないだろうけれど。はたして彼らはメスペンギン […]

    READ MORE

1 / 212
  • 住宅ライターの家づくり奮闘記
    住宅ライターの家づくり奮闘記

  • 食から五感美を
    食から五感美を

  • 平山由香の愉しい旅+レシピ
    平山由香の愉しい旅+レシピ

  • トロントひとかけら
    トロントひとかけら

  • おいしい食卓+ちょこっとレシピ
    おいしい食卓+ちょこっとレシピ

  • 那須とログハウスの風景
    那須とログハウスの風景

  • 南の島のモチコ
    南の島のモチコ

  • パリで暮らす、食べる、遊ぶ
    パリで暮らす、食べる、遊ぶ

  • 安曇野ノオト
    安曇野ノオト

ページトップへ


TOP