1. 家の時間トップ
  2. 暮らしのエッセイ
  3. 南の島のモチコ
  4. フィリピンスタイルのお誕生日

>バックナンバー

南の島のモチコ


フィリピンのお誕生日会でよく見るメニューです。


すごい色だね!と日本人には驚かれるケーキ。もうこの色に慣れてしまいました。子供たちも自分の好きなキャラクターのケーキに興奮~。

2011年08月31日更新

フィリピンスタイルのお誕生日

お誕生日パーティー、
イベント好きのフィリピン人には、やはり欠かせないことの1つです。
家で働いているヘルパーさんたちのお誕生日が近くなると
お給料の前借はふつうです。パーティにお金がかかるんですよ!
だって、自分のお誕生日パーティーを開催し、ご馳走を振舞わなくては。
なんか自分の誕生日なのに苦しい・・・。
子供のお誕生日会はお友達を招待するのは聞きますが、
大人の場合も自ら招待するのですね。

フィリピンスタイルのお誕生日会に何回かおよばれしたことがありますが、
お料理がずらっと並びまして、好きなものを取っていくビュッフェスタイルが多く、
パンシット(焼そば)、甘いミートソーススパゲティ、
フライドチキン、春巻き、フルーツサラダ、そしてケーキは定番メニューです。

大きいお誕生日になると、司会やパフォーマーが入ったり。
おもちゃを取る(奪い合うといったほうがいいような)ゲームなどなど。
プールサイドで開かれたり、マックやレストランでお誕生日会も
日本からしたらちょっとセレブじゃないですか~?

子供のお誕生日会には最後にゲストの皆様にお土産が配られることが
多いです。主役の写真の入ったグッズなどもあります。
そういった、お誕生日のグッズやさんもこちらには沢山あります。

我が家はというと、家族でひっそり祝っているので、
最初はヘルパーさんに驚かれました。哀れまれたという感じ(笑
もう、中年の私としてはあまり自分の年は祝いたくないのー。
年を感じたくない気持ちが強くなってきているので、ひっそりとしたいですね。



ページトップへ