1. 家の時間トップ
  2. 暮らしのエッセイ
  3. 南の島のモチコ
  4. お買い物事情

>バックナンバー

南の島のモチコ


雨季が始まり。どんよりと暗い海。


雨季の晴れ間の日の入は、とてもきれいです。


雨が降るとこんな土砂降りになります。
そんな中お買い物に行くとびしょぬれ・・・。

2011年06月29日更新

お買い物事情

ここに住んでいるととても恋しくなる日本でのお買い物。
日本では大体のものはネットで探せば購入できるけれど
こちらではネットショッピングはいまのところ無いに等しく、
必要なものはやはりお店に出向いて購入するしかない。

やっぱりお店に行けばまたいろんなことがあるわけで・・・

スーパーマーケットは商品管理が謎で
品切れになればずーっと入荷されないものなんて普通。
あるときに買っておかねばならない。
(そのため我が家の食材庫にはお気に入りのものが
いくつも眠っています)
そうかと思えば、急に出現する商品もあり、
それ見つけたさに足繁く通ってしまうことに・・・、
これは作戦なのかー?
作戦といえばフィリピン人が大好きな"BUY 1 TAKE 1"
という1つ買えばもう一つついてきますよー商法。
お得な気がしてつい手が伸びるのでしょうね
実は私も好きですけどね。

そして、お店に行ってなかなか探しているものが見つからなくて
店員さんに聞くのはあんまりあてにならないフィリピンです。
「○○ありますか?」と聞いてそれが出てきたらすばらしい!
大体、「ありません。」といわれ、あきらめられず自分で探したら
見つかる。とか、「これです」といって違うものが出てくるとか・・・。
本当に無くて、在庫が入るまで待つというパターンは
希望がめちゃくちゃ薄いもので、ノートや、紙に名前と電話番号を
書かせられるものの電話のかかってきた例はまだ無いです。

あと、私があまり行きたくないのが店員さんがいろんな意味で
熱い店で商品を見ている先から横でいろいろと勧めてきたり、
(集中できないーーー!)
何を探しているのかしつこく聞いてきたり、
(目的無くお店をぶらぶらしたらいかんのかー?)
と、突っ込みたくなる熱心(のからまわり)ぶり。
多分一人一人売れたら報酬になるのでしょうね。
同じお店の中で、未会計のおもちゃをもって違うセクションに
行ったら、そこにも同じおもちゃがあったのですが、店員さんに
「そのおもちゃを戻してこっちで買ってください」と
お願いされたことがあるので。

やはり、現地の人と触れ合うのはお買い物やレストランが
多いわけですが、旅行でこちらにこられても、驚きませんよう
日本でのお客様は神様的待遇は、
こちらでは期待しないでくださいね~(笑

ページトップへ