1. 家の時間トップ
  2. 暮らしのエッセイ

暮らしのエッセイ

  1. 2014年03月14日更新

    平山由香の愉しい旅+レシピ
    高知・四万十を巡る旅/良太さんの生姜とホットスムージーのレシピ

    高知・四万十を巡る旅/良太さんの生姜とホットスムージーのレシピ

    私の体が悲鳴を上げる時季が1年に2度あります。それは3月の冷えと6月のむくみ。6月は梅雨の初め。水分を溜め込みやすい体質ゆえ、急に高くなる湿度に体の調整機能が追いつかず、むくみがひどくなります。ハブ茶、たんぽぽコーヒー、小豆かぼちゃ、緑豆など、取り入れるものに工夫して、こちらはなんとか凌げるようになりました。夏のクーラーや冷たい飲み物のしわ寄せがくる秋の初めの冷えには、足湯やあたたかい飲み物で対応できるようになったのですが、春先の冷えだけはなんともできません。春は排毒の季節と…

    READ MORE

  2. 2014年02月24日更新

    住宅ライターの家づくり奮闘記
    大雪の日に気づくこと

    大雪の日に気づくこと

    今年の2月は首都圏でも2回の大雪に見舞われ、各地で多大な被害が発生しました。私も2月8日(土)は埼玉県で住宅撮影の予定があったのですが、「猛吹雪」という恐ろしい天気予報を前に思案し、翌日に延期することに。「まあ多少積もっても雪がやんで晴れ間が出たほうがいい。外観撮影のときは雪かきすればいいし」などという、私の甘い考えはあっさりと裏切られ、夜半まで降り積もった雪はこんもりと膝下まで...。とりあえず交通機関の運行状況をインターネットで確認して、朝早く土間と家の前まで出る通路の雪…

    READ MORE

  3. 2014年02月14日更新

    平山由香の愉しい旅+レシピ
    高知・いの町 八代地区のお芋/セレベスと土佐紅のポタージュのレシピ

    高知・いの町 八代地区のお芋/セレベスと土佐紅のポタージュのレシピ

    ここふた月、大好きな高知に行く機会を逸して淋しい思いをしていたところ、すてきな贈り物がとどきました! 高知・いの町枝川でお芋を中心に季節のお野菜を栽培されている水田農園さんからです!お芋いろいろ、ごぼう、カラフル人参、大根、白ネギ、葉野菜・・・元気で健やかなお野菜ちゃんがいっぱいー うわー 大すきなかおり生姜も入っています。いちばん上にそっとおかれた新聞紙の堤を開けると・・・『ザクうまセレベスチップス』 かわいいーー 水田かおりさんの手作り。セレベス芋をカリッとあげたうすあじ…

    READ MORE

  4. 2014年01月28日更新

    住宅ライターの家づくり奮闘記
    ハンモック--住まいに楽しさを感じる仕掛けを

    ハンモック--住まいに楽しさを感じる仕掛けを

    「年明け早々までに」という仕事をこなし、「1月中に」という締め切りに取り組みながら、バタバタと私の2014年はスタートしました。幸い、出張取材は一段落したので、自宅にこもって原稿執筆とデスクワークに取り組んでいます。その合間を縫って、昨年からの「宿題」もぼちぼち片付けました。年末のどさくさに紛れて障子の破れを貼り直し、玄関壁に姿見をようやく設置。わが家に全身を映せる鏡が10年ぶりくらいに復活しました! 子どもが小さいうちは危ないので、床に置くタイプの姿見を処分して以来のことで…

    READ MORE

  5. 2014年01月02日更新

    平山由香の愉しい旅+レシピ
    冬の京都で熱々のお味噌汁/白味噌仕立ての小芋汁のレシピ

    冬の京都で熱々のお味噌汁/白味噌仕立ての小芋汁のレシピ

    底冷えする冬の京都は苦手・・・そう思う方は多いのではないでしょうか?私もそのひとり。でもでも、惹かれてやまないのも事実。寒さがいちばん厳しい頃の京都は凛とした風情が漂い、魅惑的な季節でもあります。観光客が少なく、落ち着いているのもいいのかもしれませんね。ただ、ゆるりゆるりと散策とはいかないので特別公開のある社寺を事前に調べたりして、きゅっと目的を絞るのがコツ。寒の頃ならではの美味しいものが多くなるので、お茶やごはんをどうするかも外せない愉しみのひとつです。寒くなると恋しくなる…

    READ MORE

  6. 2013年12月24日更新

    住宅ライターの家づくり奮闘記
    200年保つ家より200年続く工務店を

    200年保つ家より200年続く工務店を

     12月も押し迫ってきて、ようやく年末年始のことを考えることができる状況になってきました。というのも、この秋からずっと地方出張が続いていて、家にいるときは原稿などを書いていたので、姿見の設置や障子の破れなども気になるまま、手がつけられず...。 そんな取材行脚に出ていて、工務店や住関連メーカーなどの社長さんにインタビューした中でとくに印象に残ったのが、「200年保つ家より200年続く会社のほうが、お施主さんは嬉しいはず」という言葉でした。これは、表現やニュ…

    READ MORE

  7. 2013年11月20日更新

    住宅ライターの家づくり奮闘記
    外回りの植栽計画で外観を整える

    外回りの植栽計画で外観を整える

     ようやく台風が落ち着いたかと思ったら、すぐに冷え込んで、あまり秋の気配を感じられないまま、冬に突入しそうですね。 あっという間に年末、お正月と流れていきそうな日々ではありますが、今の時期、やっておきたいことが、外回りの植栽計画です。 ガーデニングというと春先とか夏のイメージがありますが、植物によって手入れるべき時期が異なります。シマトネリコなど南のほうの木は冬に植え替えするとダメージを受けるようですが、バラなどは冬に休眠期に入るので、逆に動かしやすいのだとか。 我が家で今も…

    READ MORE

  8. 2013年11月16日更新

    平山由香の愉しい旅+レシピ
    高知・酢みかん文化を楽しむ会/酢みかん塩むすびのレシピ

    高知・酢みかん文化を楽しむ会/酢みかん塩むすびのレシピ

    =酢みかん=聞き慣れない言葉ですよね?高知では日常の言葉なんです。果汁と皮を食す酸っぱい柑橘。ゆず、すだちなど香酸柑橘のことです。日本の柑橘は季節ごとに種類がバトンタッチされていきます。高知では11月上旬に柑橘の種類がいちばん重なるとのことで、一同に集めてそれぞれの個性を愛でて楽しむ・・・そんな素晴らしい会が催されました。2週続けての高知訪問となりましたが、こんな機会は滅多とないと神戸から駆けつけ参加。会は『利き木酢』から始まりました。木酢とは香酸柑橘果汁のこと。カットされた…

    READ MORE

  9. 2013年10月16日更新

    住宅ライターの家づくり奮闘記
    いい家を持つことのメリットとは

    いい家を持つことのメリットとは

     先月の台風18号に引き続き、26号が上陸しましたね。交通機関にも影響が出たようですが、幸い、わが家では前回のような雨漏りは発生していません。ただ、台風による雨漏りの場合、どこかから浸入した雨水が家の中をゆっくり伝わって、時間差で室内に出てくることもあるので、ちょっと様子を見ておく必要があるかなとは思っています。 前回の雨漏りの際、工務店の担当者には連絡した翌日に来てもらうことができました。お互いの日程がたまたま合ったというのもあるのですが、こうしてすぐに対応してもらえる、ま…

    READ MORE

  10. 2013年10月11日更新

    平山由香の愉しい旅+レシピ
    大阪・中之島散策/ 鯵のシチリア風パン粉のパスタのレシピ

    大阪・中之島散策/ 鯵のシチリア風パン粉のパスタのレシピ

    国内の都会が続きます。休日の中之島はふだんの顔とはうってかわって静か。新しいビルが建ち並ぶオフィス街の静寂、不思議な空気が流れていて新鮮です。神戸から出かければ中之島散策も旅のうち。あっ そうじゃないかも。旅とは物理的な距離ではなく日常生活からの距離感なのかもしれませんね。<貴婦人と一角獣>この日の目的は大阪国際美術館の<貴婦人と一角獣>展。中世に作られた6枚のタペストリー(室内装飾用の壁掛け織物)のテーマは人間の五感。味覚、触覚、聴覚、視覚、嗅覚。五感なのになぜ6枚?そう、…

    READ MORE

  1. 前の10件
  2. 1
  3. 2
  4. 3
  5. 4
  6. 5
  7. 6
  8. 7
  9. 8
  10. 9
  11. 10

ページトップへ